Beyond the Silence

Sound of Science

医療/医学

ききしより眺めにあかぬ厳島

先週末、広島へ学会出張にでかけた。 日本中の同業者が集う総会への出席のためである。今回幸いにして口演の機会を得たので (学会の規模が大きいため多くはポスター演題に回る)、いつものように発表前夜までスライドを作っていた。 予定時間を少しオーバーし…

最新型補聴器のレビュー

ご無沙汰しています。 留学中のデータを基にした最後の論文執筆にかかりきりで、ブログを書く心と時間の余裕が持てませんでした。 ボスとやりとりしていますが、あちらは今Easterの休暇なので、メールが返ってくるつかの間こちらも自由を満喫することができ…

2017フライト記録1 JAL JGC修行開幕

今年初の出張、兼JAL JGC修行の幕開け。 サクララウンジに久しぶりに入ったが、こんなに狭かったかな・・・ ナッツとコーヒーで温まっていざ搭乗。初のFクラス。ファーストとは言っても国内線なので、ちょっといいシートと機内食があるだけなのだが (さらなる特…

2016/2017 振り返りと抱負

今週のお題「2017年にやりたいこと」 ・・・に乗っかって、2016年の総括と2017年の野望について語りたい。 // スポンサーリンク 2016年総括 帰国した。それに尽きる。このブログのタイトルである聴覚障害の克服に、ほんの少しでも貢献できたかなと思える留学で…

立ち位置とキャラと人望についてのとりとめない考察

年末の忘年会シリーズで、久しぶりに職場関係の人たちに多く会って、表題のようなことを考えた。 留学中は職場 (またの名を医局ともいう*1 )の人と接する機会も少なく、いろんなしがらみを綺麗サッパリ忘れて過ごしたのだが、やはり帰ってきて今後の自分たち…

風邪と花粉症の季節

今年は暖冬らしいです。 12月も中旬になろうかというのに紅葉で山が彩られていたり、20℃近くまで上がる日があったりなど、暖かい日が多い印象。 今夜あたりから少し冷え込み、耳鼻科が賑わう風邪と花粉症の季節が始まる。気候のちがう留学先ではスギ花粉とい…

仕事始め

帰国後しばらくは無職だったのだが、今日から仕事に復帰した。 医師の仕事 (臨床・教育・研究)の範囲内での変化とはいえ、実質的には研究者から医師への再転職なので、自分でも驚くほど消耗した。電子カルテの使い方、薬の名前、臨床的な瞬発力。全てにおい…

医療はAIに置き換えられるのか

ついに8月になり実験もプライベートも忙しさを増している今日この頃、すごいニュースが。 www3.nhk.or.jp 血液腫瘍は、疾患によって治療法が全く違うので、診断が全て*1。だが記事にもあるように、非常に複雑で難しく、複数の専門医が取り組んでもなお困難な…

ANAも医師登録制度を始めるらしい

医師登録制度「ANA Doctor on board」を開始します|プレスリリース|ANAグループ企業情報 日本航空に引き続き全日空も医師登録制度を始める。機内での傷病者発生時にドクターコールをしてから医師が手を挙げるまでのタイムラグをなくすのが狙いだとか。 JAL…

JAL Global Club (JGC)資格を2017年に取得する計画

全日空のSuper Flyers Card (SFC)と、日本航空のJAL Global Club (JGC)。どちらもほぼ同じサービスを提供しており甲乙つけがたい上級会員制度なのだが、ANA中心でマイルをためている現状からシフトしJALに乗り換えることにした*1。その理由はいくつかあるが…

聴覚障害はコミュニケーション障害である

先日、研究所内のNeuroscienceのセミナーで、臨床のボスが人工内耳の話をしていた。聴覚障害の概説のところで示された一文が印象に残ったので、こちらでも紹介したい。 Blindness separates people from things, hearing loss separates people from people.…

日本の研究競争力についての一考察

Weekdayブロガーの漣です。週末はやることが多くてどうしても平日通勤時間/深夜中心の更新になりがち。毎日更新など夢のまた夢ですね。継続されている方々には頭が下がります。 さて、数日前の下記ホッテントリと、それに関連したwattoさんの記事にインスパ…

ブログの文章、仕事の文章

今日のネタはこちらから頂きました。 hagex.hatenadiary.jp ブログの文体については色々考えた末に常体を基本としている。仕事では、論文やカルテ (ほとんど箇条書き)等の常体書式と、紹介状やメールなど敬体で書くものが混在している。世の中には様々な職種…

スギ花粉症の原因と対策

おなじみ発声練習さんからネタを頂きました。通勤中に下書きして昼休みに体裁整えて更新する、いつもの流れ。 next49.hatenadiary.jp ブクマにも書いたけれど、こちらはスギ花粉の存在を感じることがなく非常に快適*1。日本に帰るのが憂鬱な理由のひとつでも…

手術は見て覚えるものではない、やって覚えるものだ??

今日のお題に頂きました。今日は外科*1の世界について。 www.recomtank.com 研究者ブログのはずだが、毎度の医療ネタ。こちらのほうが記事にしやすいのもあるし、ラボでの仕事というのは地道な作業の繰り返しで変化や華々しさに欠けるというのもある。 外科…

自分の時間を自分でコントロールする権利

www.goodbyebluethursday.com 宮田レイシープさんの、時間の使い方に関する記事の中で、 オフモードの時に、他者によって強制的にオンモードへ切り替えられるのが不愉快なのだ。 就業時間の前に仕事の話をしてくる人は配慮が足りない 「それって今じゃなきゃ…

帰国の予定と人生の計画について

早いものでもう3月。閏年は1日トクした気がする。 目の付けどころがシャープすぎる切り口で愛やらお金やら人生やらをぶった切る整形外科医さんのブログで、医師の人生設計について紹介されていたので言及。 整形外科医のゆるいブログ : 医者の人生プランを考…

難聴持ちの耳鼻科医が補聴器について語ってみる

聴覚の精緻さは他に類を見ないもので、神秘的とさえ思える。今日は耳の話と、補聴器の選び方についてのマニアックな記事。マニアック過ぎかも。 耳の構造 聴覚は耳介で集められた音が外耳道内を反響しつつ鼓膜を振動させ、耳小骨を経由して内耳へ振動が伝え…

聴覚障害といじめについて 黒歴史を振り返る

聲の形、か… topisyu.hatenablog.com 聲の形という漫画の存在は、Twitterの難聴クラスタの間で話題だったので知っていたが未読である。クラスタのほとんどが難聴が原因でいじめに遭った記憶があり、リアルすぎてトラウマが蘇るというレビューが多かったのを…

三歩進んで二歩さがる

…のが研究の常だが、前進してるだけまだマシかもしれない。 最近はボスから年末に言い渡された遺伝子群の発現解析をするためにRNAプローブを作ろうとしている。PCRでそれらが目的の時期に発現することがわかったので、次はどこでどのように発現するかをみる…

JALと日本医師会の発表に際して。プラチナカードと上級マイレージ会員の比較も

JALと日本医師会が結んだ新しい機内ドクターコールの形に異論。善きサマリア人の法制定が先決。ラウンジが餌のようだがハイリスクのため自力で上級マイレージ会員となって権利を取得したい。

患者接遇

宮田レイシープさんのホッテントリというか、ブコメ欄を見る限り軽く炎上している主語の大きい案件を読んで思うことを書く。初めに断っておくが自分は宮田さんの舌鋒鋭いブログが好きで全ての記事を読んでおり、この記事は彼自身に対する批判ではない。願わ…

死の尊厳と医療知識による断絶について

トイアンナさんのブログを読んで、母が亡くなった時のことを思い出した。 toianna.hatenablog.com 医療従事者、特に医師と看護師は、死というものが日常にある。慣れというと語弊があるし、懸命に治療してきた患者を失うのが非常に辛いことは、医師になって…

軌道修正?

研究の軌道修正の話、病院のファカルティポジションにおける日本との違いなど

ブログ名の由来

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」 にもリンクするのだけれど、ブログ名の由来について。 通算5つめのブログになるが、一つ前のはてなダイアリーの時から同じタイトルを使っている。 「Beyond the Silence」静寂を越えて。 聴覚障害、いわゆる「難聴」の治…

優秀な医学生=良い医師 であるとは限らない

増田 (anonymous diaryの略)で、こんな記事が。 そして、それに応えるid:fujipon先生やid:p_shirokuma先生の熱いメッセージも読ませて頂いた。 いろんな想いを抱えて医学部6年間を過ごし社会に出て行く医学生時代とその前後を思い出し、自分の経験からも何か…

貧困と語彙の関係

English Tutorに紹介されて読んだ新聞記事に、興味深いデータが載っていた。 Family's income level can have startling impact on speech development と題する記事で、先天性難聴 (先天聾)に対する人工内耳術後の言語獲得と世帯収入には関係があるという研…

2013年5月

職場が変わって1か月が経った。 今の自分の血肉となる経験を与えてくれた前職場を3月末で去り、大学病院への異動。 市中病院である前職場では、重症患者や急患など特別なことがない限りほぼ20時には帰宅できていて、週に何度かは夕食を家族と共にすることも…

伝える技術と難聴の関係

「発声練習」という有名なブログで、言語技術の話題がでていた。 語学力+言語技術必要という話 - 発声練習 この言語技術というのは、自分の研究成果を論文という形で世に問う研究者にとっては必須スキルなのだが、日常生活やビジネスシーンにおいてもストレ…

問いかけ

Twitterでは伝わらないと思い、こちらに書くことにした。 いつだったか出張外来で、IQ 果たして彼女に、人として最低限の教育をすることができるのだろうか。 自分の子供を教育することは社会に対して果たすべき親としての義務で、それができないような人に…