読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beyond the Silence

Sound of Science

はてなダイアリーから転送。

4年に一度の日。

4年前の今頃は、大学院に行くことが決まって様々な感情がない交ぜになっていた。外来があるとはいえ臨床を離れることや、ちゃんと食っていけるのかという不安があった。秋に結婚式を控え、人生の扉の重みを確かめてる頃合いでもあった。

大学院の4年間の間には人生を凝縮したような、語り尽くせないほどの出来事があった。
そのなかで単純に4つ年を取り、目の前に広がる可能性が縮まったかというとそうではない。もっと別の生き方もあっただろうが、自分で選び掴みとれる選択肢は間違いなく増えたはずだ。

次の閏年、どこで何をしているかな。人生は短いので、精一杯楽しく生きよう。