読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beyond the Silence

Sound of Science

No more Hiroshima, no more Nagasaki

日々

2016年5月27日、アメリカ合衆国Barack Obama大統領が現職として初めて広島を訪問。原爆慰霊碑に献花をささげた。

www.huffingtonpost.jp

英文全文書き起こしはTime誌にあった。

time.com

 

 

1945年からじつに71年が経った。当時を語れる被爆者も年々少なくなっている。

長崎県で生まれ育った自分にとっては原爆の日といえば8月9日。小学校のときの社会科見学で原爆資料館浦上天主堂を訪れたのも記憶に残っている。県外に引っ越してまた戻ってきた時にも、原爆の爪痕を訪ねて歩いた。天主堂も片足鳥居も、地元の人達にとっては生活の一部になっている。

平和公園・原爆資料館 《 長崎ガイド 》

 

 

謝罪ではなく、人類のおかした罪を背負っていく覚悟を、戦争を繰り返さない意志を、写真でみただけだがこの日のObama大統領からは感じた。当然、皆が同じ気持ちなのではなく、これで気が済んだという人は多くはないだろう。難しい問題だ。自分もTrumanは最低だと思っている。

 

それでも、アメリカ合衆国の現職大統領としては勇気が必要だったに違いない今回の訪問を実行したObamaには、学校やビルマ戦線から帰還した祖父から悲惨な戦争の話を聞いて育った長崎県人として、素直に感謝したい。

 

f:id:aurora3373:20160527231829j:plain

デジカメがこの世に出たばかりの頃に、100万画素のLumixで撮った1枚。石碑には

「のどが乾いてたまりませんでした。水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました。どうしても水がほしくて、とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」

と書かれている。