読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beyond the Silence

Sound of Science

Nikon D5500の設定

D40を使っていたときは、何も考えずにオートで撮っていた。

滝とか星とか、特殊なシーンだけマニュアルを使っていたが、それ以外は腕が追いつかずオートのほうがきれいに撮れることが多かった。

 

エントリーモデルとミドルクラスの中間機種であるD5500の購入を機に、脱・初心者を目指そうと思い、D40の頃にはなかった各種設定をいろいろいじってみることにした。カメラ自体の性能は著しく向上しているが、それはちゃんと性能を引き出せてこそ。

 

cameraama.com

m-saburou.cocolog-nifty.com

先人達の素敵なサイトを色々と参考に・・・

 

感度=ISO 800+自動調整

まず感度設定。D40ISO感度は常用1600・拡張3200が上限だったが、D5500は常用25600まで上げられる。とはいえ、実際使ってみた感じでは、ISO 1600までは普通にきれいな写真で、3200でほんの少しノイズがのり、6400以上では気になるレベル。初期設定が12800になってて、最初の数枚はあまり綺麗じゃなかった。

自動設定にすることができるので、スタートを800に、上限を3200に設定。絞りマニュアルのAモードか、プログラムPモードで撮っていれば、基本800で、必要に応じて自動調節してくれる。

 

Fnボタン=画像サイズ設定

左手のFnボタンと右手のダイヤルで、ワンタッチで任意の機能を調整できる。ISOかAFにしている人が多いが、自分は画像サイズ設定にした。2400万画素のカメラだが通常はそんなに必要ないし、APS-Cで画素ピッチが小さいので、Sサイズ (600万画素)にしても問題ないシーンも多い。3000x2000の解像度のモニタもないし。ただ、シーンに応じて自由にサイズを変え、場合によってはRAWとの同時記録もやりたいので、ここでワンタッチでできるようにしてみた。基本はJpeg FINE+サイズS。

 

撮影モードダイヤル=A or P

フルオート(発光あり/発行禁止)、シーン撮影、完全マニュアルM、絞りマニュアルA、シャッタースピードマニュアルS、プログラムモードPなど、どこまでカメラに任せるかを選べる。絞りを勉強するためにAモードか、絞り+シャッタースピードをオートにできて使いやすいPモードかな。

 

AFの設定

エリアモード、39点、フォーカスエイドON、補助光OFF

D5500のAFは、3点しかなかったD40に比べると格段に優秀 (比べるな)。あまり暗所には強くない。ファインダはペンタミラー式であまり見やすくないので、AFに頼り切って撮影するシーンが多くなるだろう。場合によってはタッチスクリーンフォーカスも有用か (これができるのはD500とD5500だけ)。

 

とりあえずこの設定で、しばらく撮ってみようと思います。

f:id:aurora3373:20160727184252j:plain

追憶のD40. 捨てられないだろうな。ISO 12800なのでノイズ乗りまくり。

 

 カメラ買い換えの経緯はこちら

aurora3373.hatenablog.com