読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beyond the Silence

Sound of Science

難聴者が読んだ「聲の形」

大今良時さんの「聲の形」第1巻が刊行されてから3年以上経ち、ようやく読むことができた。耳の聞こえない転校生・硝子とイジメっ子の将也の物語。いち聴覚障害者としての読書感想文を綴りたい。

 

全巻セットがKindleでも買える。この広告より下はネタバレ含みます。

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

twitterの難聴者界隈でもトラウマをグリグリ抉られるとの話題作で、逆にいえば難聴者が受けてきた諸々の体験を丁寧に描いたものだ。

主人公はツンツン頭の少年、石田将也。頭の中カラッポな感じのいわゆる悪ガキであるが、彼が耳の聞こえない転校生の西宮硝子 (しょうこ)をイジメるところから始まる。

小学生男子にとって1日はアラフォーのオッサンの何倍にも長く感じられるであろう。将也も「退屈」が口癖で、日々の退屈を紛らすためにクラスメイトを無理矢理巻き込んで遊び暮らしていたが、全く異質な存在、これまで彼の世界に全くいなかったタイプの転校生・硝子をターゲットにした「遊び」が始まり、徐々にエスカレートしていく。

 

小学生の考えることはだいたいどこでも同じで、大きな声を出してみたり、こんな感じの聴き取りにくいor意味不明な言葉を発してみたり。この辺の描写は色々思い出して読むのがつらかった。

f:id:aurora3373:20170220230613p:plain

f:id:aurora3373:20170220230614p:plain

徐々にエスカレートする様子が描かれているが、将也はこれに一抹の罪悪感も抱いていない。退屈を紛らすための遊びの一環のようである。

補聴器を踏んだり水没させたり埋めたりして壊して遊ぶ無邪気さ。クラスメイトはその異常さに気付きながらも一緒に楽しんでいるようにも見える。それが同調圧力ーーいじめないと、いじめられるーーであると気付いてか。

何度かこのブログでも補聴器のことについては触れてきた*1が、結構な値段がすることはあまり知られていないのではないか。将也少年が破壊した補聴器の総額が170万円という額になり親からクレームが入ってようやく動き出す担任。これまでの自分の無策を棚に上げて首魁である将也をスケープゴートにする。いまの小学校の先生の平均値は知らないが、こういう分かりやすいイジメに対しての普通の大人の反応がこうだとしたら恐ろしい。難聴を全く理解してくれなかった何人かの教師のことはずっと忘れていない。

 

170万円の件をきっかけにクラス内での立場が変わり、今度は将也自身がいじめのターゲットになる。こういう形はこれまで身近で見聞したことがないが、わりと珍しいケースか?*2それに前後していじめのターゲットとしていた硝子が再転校という形で去り、将也はクラス内で孤立、高校までそれは続くことになる。

 

・・・というのが1巻の内容で、ここまでがこの漫画の刺激の強いところだ。1巻の最後は高校生になった将也が硝子と再会する場面で、2巻からは二人の心が少しずつ歩み寄っていく様も描かれていて、救いのある内容になっている。いじめた側がいじめられるという珍しい逆転から他者の痛みに気付き*3、みずから歩み寄っていくシーンは、現実にはなかなか起こりえないのかもしれないけど輝いてみえた。

 

 

次は耳鼻科医として心が痛むシーン。

難聴の子を産んだことで硝子の母は夫に離婚を切り出される。夫から移ったウイルス感染症による難聴であることが語られている。知識がなくワクチンを打っていなかったのが原因だと一方的に母を責めて離婚を突きつけている。全く情けない親子だ。

ワクチンで予防可能な先天難聴をきたす疾患というと、風疹だろうか*4

f:id:aurora3373:20170220230616p:plain

我が子が難聴であると判明したとき、多くの母親は罪悪感を抱くが、父親が自責の念を抱くことは少ない。とくに胎内感染だとその傾向が強いように思う。特殊なケースをのぞき、どちらかが悪いということはない。夫婦で受け止め、それぞれの親はそれをバックアップするのがあるべき姿だと思う。。

 

耳が聞こえないといっても程度があり、硝子のようにほとんどきこえず補聴器でも辛うじてきこえる程度でメインは手話か筆談、というレベルは「重度難聴」という。場合によっては人工内耳の適応であるが、聾者のコミュニティはそれを良しとしない風潮もあったりしていろいろ複雑である。

難聴の程度によっては補聴器を適切に使うことで言語発達も良く日常生活に不自由のない程度までいけるが、ある時期を過ぎてから音声情報の入力を始めても言語発達が頭打ちになるという脳の発達のタイムリミットがあるので、新生児スクリーニング、乳幼児定期健診などでなるべく早く難聴をみつけることが重要である。

 

 

自分を振り返ってみると、幼少期から中等度難聴はあったようだが周囲の優しさもあって言語発達にはほぼ不自由なく育った。ただし、耳から聞いて理解する能力は、眼で見て理解するスピード・深さに遠く及ばず、今でも会話は苦手である。鈍感な少年だったのもあって学校には楽しく通っていたが、難聴のために嫌な思いをするのは小学校1年生から高3まで続いた。さらに目立つのが嫌で壊される恐怖感もあり、補聴器は19歳になって大学中退するまではつけなかった。

あとになって気付いたけれど少年時代は常に劣等感との戦いであり*5、テストで良い点を取ることでそれを晴らそうとしていたのかもしれない。文字を読んで理解することに脳のリソースを全振りしていたので勉強は得意だったが、社会性を育てないまま大人になった。こんな自分にもできる仕事が見つかって良かったと心底思う。

 

 

読書感想文ということでとりとめなく書いてしまったが、まだ咀嚼しきれていないので、時間をみつけて加筆訂正すると思います。

 

このレビューを書かせたid:topisyu御大のエントリはこちら。

topisyu.hatenablog.com

*1: 

www.aurora3373.net

 

*2:聴覚障害で嫌な思いをしてきた自分自身もまた、中学校のある時期に同調圧力の中でいじめに関わったことがあり、罪悪感にみちたその記憶はどんなに消そうとしても消えない。このシーンはそれを思い出させる。

*3:将也は元々センシティブで、それを包み隠すためにああいう振る舞いを続けていたのかもしれない

*4:胎内感染による先天難聴はTORCHの頭文字で知られている。難病情報センター | 耳鼻科疾患分野 先天性難聴(平成23年度) 

*5:英語学習、騒がしい場所での会話などのシーンでは未だに

2017フライト記録3〜8 北米出張with旅のラゴス

マイレージ 研究 留学 旅行

前回記事でも少し触れたが、今回のフライト記録を残しておきたい。

飛行機の中で読んだ、筒井康隆「旅のラゴス」の感想文とともに。

www.aurora3373.net

 

行きはFUK→NRTDFW→BWI

帰りはBWI→BOSNRT→FUK。青はプレミアムエコノミー、赤はビジネス。いずれも元はエコノミーなので、FOP積算率は100%だ。そして国際線国内部分にも100%の積算率、400FOPボーナスマイルがつく。FUK→HNDのファーストクラスと600FOP違うが、価格が1万円 (だったと思う)で非常にリーズナブルなのでこれで良し。

 

長いので目次 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

往路 FUK→NRTDFW→BWI

出発当日の朝は、前日から降り続く雪の影響でタクシーの予約ができず、4時に起きてタクシー会社に電話した。この、本当に必要な時に予約ができないって意味がわからないが、予約が殺到するのと時間が読めないのでそうするしかないのだろうか。

飛行機はJALカードで予約したため、海外旅行保険の利用付帯部分をフル活用するためにANAカードでタクシー代を切ればよかった*1。ちょうどいい現金があったので、財布のコンパクト化のために現金で払ってしまった。もっといえば海外用財布を別に用意しておきたいところ。財布はお札も小銭も中に仕切りがあって、普段は大小で分けているが、海外では円とドルに分けて使うことができるので混乱しなくていい。チップと食事の割り勘くらいしか、現金を使う機会はないのだが。

 

国際線プレミアムエコノミーの切符を持っていたので、福岡空港で上級チェックインカウンターに突撃してみた。場合によっては受け付けてもらえるらしいがすげなくお断りされ、長蛇の列の通常カウンターに並ぶ。JGCがあれば素通りできるので、修行達成の意欲が湧くというもの。

同様にサクララウンジも利用できず、出発までその辺の椅子で時間を潰した。

窓側のA席からは富士山が見えた。行きも帰りもAで正解かな。

f:id:aurora3373:20170211082913j:plain

 

成田空港では、満を持してサクララウンジへ。カレーと白ワインを頂く。

f:id:aurora3373:20170211093716j:plain

f:id:aurora3373:20170211105056j:plain

ワインの銘柄は忘れてしまった。美味しかったのでメモしておけばよかった。

空港の書店でふとみかけたこの本を購入。

 

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 

はてな界隈でも一時期話題になり、多くのレビューがなされたので書名は知っていたが、論文や学会の準備に飛行機の中くらいは追われずに読書をしようと思って買った。大正解だった。 

読書感想文 旅のラゴス 

内容紹介 (Amazonより)

北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か? 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

 

 旅とは人生であり、人生とは旅である。少しのSF要素もしつこくなく読みやすさに一役買っている。辿り着いた南の国で、自分の目的達成のために37歳のオッサンがふたりの17歳を妻にするとかいうのがちょっとアレだけど、良い物語には必ず旅の要素がある。というより、自分が好きになるタイプの本は旅する系のものが多いのか。

 

ラゴスの独白

「人間はただその一生のうち、自分に最も適していて最もやりたいと思うことに可能な限りの時間を充てさえすればそれでいい筈だ」

は、人生の折り返し点周辺にいるはずの自分に深く突き刺さった。自分に適したことに時間を充てられる、つまり自分に合った仕事に就くことって難しいし運の要素も強いと思う。自分もまだ、今やっていることが本当に合っているのかわかっていない。42歳くらいまでには方向性を決めないとな。。

時差調整のためにメラトニンを飲みつつ、起きている時間で少しずつ読み進めた。アメリカ大陸上空に入ったあたりで読了してしまったので、帰りに読む本がなくなってしまった。2回も奴隷の身に落ちるが、そこからの脱出法が、物語の主人公らしく多少のご都合主義はあるけれども痛快である。

ラゴスの最期は物語中では語られていない。結婚し子供ももうけたモテ男が、心の中に住む少女にここまで焦がれるということが現実にあるか。「可能な限りの時間を充て」て、やるべきことを成し遂げ、兄を立てつつ身を引く姿は美しい。90年代の作品であり、女性に対する描き方が今なら少し違うのかもしれない。

 

 

余韻に浸りながら乗り継ぎのDFWへ到着。テキサス州の北にある大都市ダラスはこの日全米で最も暑く、雪が降った日本と目的地の東海岸にあわせてCANADA GOOSEを着ていたので移動がしんどかった。入国審査は機械にパスポートを読み込ませ、指紋を登録し、セルフィーを撮影する感じで自動化されていて、それが済んだ後に簡単な質問をゲートで受けるだけ。トランプが大統領になって入国審査が厳格化されているのかと危惧していたがそんなことはなかった。

無事米国に入国、乗り継ぎ便の時間まで2時間半程度あったので、プライオリティパスを使ってラウンジに入ることにした。

f:id:aurora3373:20170211083901j:plain

Dウイングのわかりやすい場所にある。以前当ブログでANAカード、JALカードの比較をしたときにプライオリティパスについても少し書いたと思うのだが*2、JALのプラチナカードを作ったときに特典のプライオリティパスも申請しておいた。年会費4万円相当のプレステージ会員*3に無料で申し込みできるという海外出張の強い味方だ。全てのラウンジで使えるわけではないが、アプリで空港毎にラウンジの場所がわかるので、特に国際線から国内移動に乗り換えるときの長い待ち時間には威力を発揮するのではないか。

f:id:aurora3373:20170211084634j:plain

クロワッサンとコーヒー、ポップコーンはおまけ。水やジュースも飲み放題。国際線の機内食で結構食べたので、軽めの朝食に。

往路

1,534+6,836+848=9,318FOP

 

帰り BWI→BOSNRT→FUK

帰りはボストン経由。朝5時半にエアポートシャトルを予約しておいた。往路で使った会社のレシートに割引コードがついていたので、まんまとそれに乗っかった。1人17ドルと格安。タクシーだとチップ込みで90ドルくらいかかるので、随分とお得。

 

ボストンは雪。

f:id:aurora3373:20170216193301j:image

五大湖の風下にあたるこの街はよく雪が降る。街は雪に覆われていた。しかしながらアメリカの街並みを機内から眺めるたびに、シムシティをやりたくなる。6x6ブロックの中密度住宅区域をグワッと引いたかのような。

 

ボストン国際空港は比較的小規模な空港で、至る所が改装中であった。ラウンジに降りるエレベータも止まっていたが、裏に階段が隠れていて入れた。プライオリティパスのラウンジはCウイングに、日本へ向けて出発するEウイングには航空会社のラウンジがあった。その近くにエールフランスの専用ラウンジが工事中であった。

f:id:aurora3373:20170216194029j:image

お酒飲み放題。偶然同じ飛行機で帰る元同僚とワインを2杯ほど。係のお姉さんが並々と注いで来たので、2杯目は全部は飲めなかった。ビジネスクラスチケットでラウンジに入ったのだが、本来は同伴者は入れないので、ダメ元で頼んでみたらOKだった。空いていたからかもしれない。

 

 

f:id:aurora3373:20170216194314j:image

ビジネスクラスに久々の搭乗。JAL SKY SUITEという、すべての座席が独立して通路にアプローチできる構造。安心して窓側に座れる。写真はウェルカムドリンクのオレンジジュース。シャンパンと選択可。

この日は偶々なのかこの路線が人気無いのか非常に空いていた。機体の中程までがビジネスクラスだが、半分も埋まってなかったと思う。

 

搭乗時点で日本時間の深夜だったので、メラトニンを飲んで眠った。メラトニンは日内リズムに従って睡眠の周期をつくるホルモンであり、日本では手に入らないが北米では薬局でサプリメントとして売っている。日本国内には2か月分まで持ち込めるので、留学から帰国するときに50錠入りのボトルを買っておいた。体内時計を調節できるので、帰国後に仕事や大事な用事がある時には重宝する。

 

f:id:aurora3373:20170216195614j:image

目が覚めて、取り置きしてもらっていた和食をいただく。2食分一気に来たのでかなりのボリュームで、少し残してしまった。ご飯と味噌汁最高です。

 

f:id:aurora3373:20170216195934j:image

機内の映画チャンネルで、新海誠監督の前作である「秒速5センチメートル」があっていたので視聴。ハッピーエンド好きなのもあるが、自分には何かモヤモヤする話だった。ロケットとか宇宙は好きなので、そっち方向に向かって頑張る話かなと思ったら全然違った。主人公は弓道部で、行射のシーンはかなり丁寧に描かれていたのは評価ポイント。

 

13時間のフライトで成田に到着。フラットシートで8時間くらい寝ていたのでほとんど疲れなかった。成田ではビジネスクラス特典の国内線ラウンジに入って福岡行きを待つ。国際線出発ラウンジと違ってカレーもなく質素なラウンジだった。出張中からカレーが食べたくてたまらなかったので残念だった。

 

福岡に向かう機内でこれを書いているが、すでに4000字を超えてしまった。ここまで読んで頂いた方がおられたら深謝します。

この出張は2年に一度くらいはあるので、またビジネスクラスに乗るべくマイルを貯めていきたい。

 

769+7100+1534

累計 22,825FOP (+初回搭乗5,000=27,825FOP)

 

 

 

*1:カードの海外旅行保険には自動付帯とカード使用に付随するものがあり、ANAカードはプラチナじゃないので利用付帯部分が大きい。今回は結局ホテル代をANAで払った

*2: 

www.aurora3373.net

*3:毎回無料でラウンジが利用できる。物によっては毎回利用手数料のかかる会員ステータスもあり、わざわざお金払って利用しないと思う